トップページ

羽毛布団の失敗のない選び方

羽毛布団は軽く温かく羽毛の特性となっている温度調整機能により秋から春までの長い期間快眠を取る事が出来るといった魅力があります。
心地良い眠りにするためには失敗のない布団選びをする事が大切になります。
羽毛布団の中身は大きく分けると羽毛(ダウン)と羽根(フェザー)の2種類に分けられていて品質表示タグを見る事でどのような割合となっているかという事を知る事が可能となっています。
羽根より羽毛の割合が高い物が上質とされていてより快適な睡眠を摂る事が出来ます。
羽毛はダウンボールが大きれば少量の羽毛でも保温性が高く軽い布団に仕上げる事が出来るといった特徴があります。
グースとダッグではグースの方がよりダウンボールが大きくなっています。
また、グースには産卵用に長期間飼育された親鳥から採取されたマザーグースといった物があり丈夫で個々の羽毛が大きく枝羽も伸びている事から他のダウンと比較すると少ない量でも同等以上の保温力がある事でより軽くする事が出来る事で重い布団に抵抗を感じる方からマザーグース製の羽毛布団は人気が高くなっています。
それ以外にも羽毛の品質を評価する基準としてダウンパワー値があり数値を確認する事で弾力や保温性を確認する事が出来るといった様々な角度から自分に合った布団を選ぶ事が可能となっています。

羽毛布団の基礎知識について

羽毛布団は、軽くて温かいというのが最大の魅力となっています。
温度調節機能もある為に、秋から春までの長期間使用する事が可能となっています。
羽毛布団の中に使用されているのはダウンやフェザーと呼ばれる物です。
ダウンは羽毛の事でフェザーは羽根の部分になっています。
羽毛が多い程に温かいとされており、ダウン率の表示を確認してから購入する事が大切となります。
使用されているダウンでも2種類の鳥に分別する事が出来ます。
グースはガチョウの羽毛の事で、同じ水鳥となっていますがグースの方が機能的にも優れているとされています。
グースは大きな羽毛が取れやすくて羽毛自体にコシがあるのが特徴となっています。
野生の鴨の羽毛は希少価値も大変高くなっており、最高級品とされる布団になっています。
羽毛布団の中には、マザーグースと表記されている布団があります。
マザーグースは、産卵用に長期間飼育されてきた親鳥の羽毛の事です。
長期間飼育されている為に、羽毛も大変大きくなっており保温性も高くて、かさ高も高い丈夫で長持ちする羽毛となっています。
ダックはアヒルの事となっており、市販されている布団の中身として大変良く使われている種類となっています。

おすすめWEBサイト 5選

CMerTV、動画DSPを提供開始

Last update:2015/3/11